デメリットヘッダー

シェアドアパートメントに入居したいけど、なんかデメリットがありそう!

シェアドアパートメントのデメリットって何なのかな?

我慢できないようなデメリットだったら入居したくないし!

デメリットがないわけないよな・・・・

 

クロスハウスのシェアドアパートメントのデメリットは共用のリビングルームがないことです!

他の共同生活者との交流を重視していないんです!

 

シェアドアパートメント シェアハウス
リビングルーム なし あり
他の人との交流 少ない 重視

 

クロスハウスのシェアドアパートメントは、プライベートを重視しています。

あなたが他の共同生活者との交流が目的なら、シェアドアパートメントはやめた方がよいです。

プライベート重視で静かに暮らしたいなら、シェアドアパートメントをおすすめします。

共用するリビングルームがないことをデメリットと感じますか?

あなたは自室での生活を重視しますか?

いろんな人との交流があまり得意でないなら、シェアドアパートメントのデメリットがメリットになりますよ!

\ デメリットが少ないシェアドアパートメント! /

 

  1. クロスハウスのシェアドアパートメントのメリット!
      1. 安い家賃で都内の人気エリアに住める
      2. 初期費用がとても安くて済む
      3. プライベートを大切にした生活ができる
  2. クロスハウスのシェアドアパートメントのデメリット!
      1. 共同生活者との交流はしづらい
      2. 友人などを自分の部屋に呼ぶことはできない
      3. 風呂がない
  3. デメリットが少ないシェアドアパートメントは審査もゆるいです!
    1. クロスハウスのシェアドアパートメントに入居する前提条件
      1. 18歳~39歳の年齢制限
      2. 女性専用もあり
    2. デメリットが少ないシェアドアパートメントを借りるために重要なこと
      1. 人柄を重視
      2. 働く意思
      3. 退去の理由
    3. デメリットが少ないシェアドアパートメントの審査の甘いところ
  4. デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントとは!
  5. デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントの特徴!
    1. 費用が安い(初期費用、家賃)
    2. 立地が良い
    3. 家具・家電の用意
      1. 個室に用意されている家具・家電
      2. 共用部分に用意されている設備
    4. 短期での入居が可能
  6. シェアドアパートメントの審査に落ちないように注意すること!
        1. シェアドアパートメントに入居する際の初期費用が用意できない
        2. 緊急連絡先が用意できない
        3. 嘘の申告をしてしまう
  7. デメリットが少ないシェアドアパートメントへの入居をおすすめする人!
      1. 他の共同生活者と交流するのが苦手な人
      2. 初期費用や家賃を安く抑えたい人
      3. 安い家賃で都内の便利の良いところに住みたい人
  8. デメリットが少ないシェアドアパートメントへの入居をおすすめしない人!
      1. 共同生活者との交流を楽しみたい人
      2. 自分の部屋に他人を呼びたい人
      3. タバコを吸う人
  9. デメリットの少ないクロスハウスのシェアドアパートメントの設備の紹介!
      1. テレビ、冷蔵庫がある個室
      2. 調理器具があるキッチン
      3. いつでも利用できるシャワー・トイレ
      4. 無料で利用できる洗濯機・乾燥機と洗面台
  10. デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントのよくある質問
  11. デメリットが少ないシェアドアパートメントへの入居までの流れ!

クロスハウスのシェアドアパートメントのメリット!

安い家賃で都内の人気エリアに住める

水回りをシェアしているので家賃が安く抑えられています。物件は都内の人気エリアに集中的に建てられています。

初期費用がとても安くて済む

敷金・礼金・仲介料がないので初期費用がとても安くなっています。また必要な設備はほぼ揃っているので、家具や家電を買い揃える必要もなく初期費用がとても安くなります。

プライベートを大切にした生活ができる

シェアドアパートメントはシェアハウスと違ってリビングルームもなく、個室でのプライベート生活を重視しています。

クロスハウスのシェアドアパートメントのデメリット!

共同生活者との交流はしづらい

シェアドアパートメントはシェアハウスと違って共同生活者との共同生活を目的としてはいません。共同生活者との交流が苦手であったり、一人で静かに生活したい人にシェアドアパートメントは向いています

友人などを自分の部屋に呼ぶことはできない

ルールとして友人や家族などを自分の部屋に呼ぶことはできなくなっています。

風呂がない

設備としてはシャワーしかないので風呂に入りたい人は、銭湯やスパなどに行くと良いでしょう。

デメリットが少ないシェアドアパートメントは審査もゆるいです!

デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントに入居するには、入居申し込みをした後にある審査に通る必要があります。

はじめにクロスハウスのシェアドアパートメントを申し込める人の条件を確認しておきましょう。

クロスハウスのシェアドアパートメントに入居する前提条件

18歳~39歳の年齢制限

デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントに入居するには、18歳~39歳という年齢制限があります。

シェアドアパートメントであってもシェアハウスのリビングのような共用部分はないものの、キッチンやシャワーなどの共用する部分があります。

ジェネレーションギャップが生じないように、クロスハウスのシェアドアパートメントに入居する年齢を制限しています。

女性専用もあり

男女とも申し込みはできます。

当然ですが、女性専用のクロスハウスのシェアドアパートメントには男性は入居できません。

デメリットが少ないシェアドアパートメントを借りるために重要なこと

人柄を重視

デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントの審査では、人柄が重視されます。

他の賃貸アパートを借りる時とはちょっと違っていて審査は甘いです。

シェアハウスやシェアドアパートメントでは、他人との共同生活を送る必要があります。

シェアドアパートメントでは協調性を求めていて、他人とトラブルにならない人ということを重視しています。

働く意思

デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントの審査では、家賃の支払い能力についてチェックします。

ただ、通常の賃貸アパートを借りる場合と比べると、審査基準はかなり甘いです。

フリーランスやフリーターであっても、貯金があって支払いできるのであれば審査に通ります。

無職の場合も審査を通ります。

その場合は、働く意思をしっかり伝える必要があります。

実際の就職活動や今後の計画を示すことが求められます。

退去の理由

以前に住んでいた所を退去した理由も聞かれます。

以前にトラブルを起こしていると審査は甘いですがで落ちやすいです。

家賃の滞納や、何か問題を起こして立ち退きされた場合です。

デメリットが少ないシェアドアパートメントの審査の甘いところ

デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントの審査は甘いので、クレジットカードの滞納などについては確認しません。

共同生活ができるかを重視しているからです。

また、保証会社への加入も求められません。

保証料などを支払わなくてよいので、経済的な生活が送れます。

デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントとは!

シェアドアパートメントとシェアハウスは似ていますが大きな違いがあります。

シェアドアパートメント シェアハウス
リビングルーム 無し 有り
共用部分 キッチン、シャワー・トイレ、洗面台、洗濯機、乾燥機 リビングルーム、キッチン、シャワー・トイレ、洗面台、洗濯機、乾燥機
個室 テレビ、冷蔵庫有り テレビ、冷蔵庫無し
共同生活者との交流 少ない 重視
家賃 40,000円  50,000円

シェアドアパートメントはクロスハウスが商品化した新サービスです。

シェアハウスと似ていますが、より合理化して都内の人気エリアで低家賃で暮らせます。

リビングルームがあるか、ないかが、最も分かりやすい違いです。

デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントにはリビングルームがないので、他の住居人との交流は最低限になります。

プライベートを大切にして、他の人と交流を少なくしたい人向けです。

キッチンやシャワートイレなどの水周りだけを共有部分にして、家賃を低く抑えるようにしています。

デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントの個室には冷蔵庫とテレビが設備されています。

リビングルームで時間を過ごすのではなく、自分の個室で多くの時間を過ごすようになっています。

他の住居人と交流を図りたいという場合は、リビングルームのあるシェアハウスを選んだ方がよいです。

デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントは、自分のプライベートを大切にしたい人が選ぶとよいでしょう。

デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントの特徴!

費用が安い(初期費用、家賃)

シェアドアパートメントの審査を受けてシェアドアパートメントに入居する時の初期費用は、3万円+家賃+共益費だけです。

敷金や礼金も全く掛からないうえに、家具や、家電も用意されているので、初期費用は激安と言ってよいですね。

一般的に50万円くらいかかるのが、10万円以内で済んでしまうでしょう。

まとまったお金がなくても新たな生活が始められるのがうれしいですね。

安いから悪いというのではなく、住み心地も保証してくれます。

気に入らなければ、無料で他の物件に住みかえることができます。

デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントの審査は甘いですが、入居するシェアドアパートメントの家賃は都内の人気エリアにありながら、一般的な家賃相場と比べてかなり安くなっています。

水回りを共用化しているので、一般のアパートと比較して安い家賃設定ができています。

立地が良い

デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントは、都内人気エリアに立地しています。

新宿・渋谷・池袋・上野・品川・横浜の主要駅まで20分以内のところにあります。

通勤・通学には便利の良いところがうれしいですね。

家具・家電の用意

デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントには、生活に必要な家具・家電があらかじめ用意されています。

引っ越しするたびに家具や家電を買うと、それがたまってしまうし、処分するのも面倒です。

粗大ごみを引き取ってもらうにも費用が掛かってしまいます。

デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントでは、個室と共用部分に生活に必要な家具・家電が用意されています。

個室に用意されている家具・家電

エアコン
テレビ
冷蔵庫
ベッド

椅子
ハンガーラック

共用部分に用意されている設備

wifi
電子レンジ
トースター
コンロ(IH)

フライパン
調理器具
調味料
洗剤
スポンジ
洗濯機
乾燥機
トイレットペーパー
掃除用具

短期での入居が可能

デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントでは、1か月からの短期での入居が可能です。

一般の賃貸アパートでは、2年契約が一般的で、途中で解約すると違約金がかかってしまいます。

デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントでは、1か月単位で借りられるので、マンスリーマンションのような使い方もできてしまいますね。

シェアドアパートメントの審査に落ちないように注意すること!

シェアドアパートメントは審査が甘くて入居しやすいといっても審査に落ちるケースもあります。

次のような点に注意してくださいね。

シェアドアパートメントに入居する際の初期費用が用意できない

入居するまでにきちんと初期費用は準備しておきましょう!

緊急連絡先が用意できない

本人と連絡が取れない時に連絡をとれる緊急連絡先が必要です。

審査するときにも緊急連絡先に連絡が入るので、ちゃんと連絡が取れるようにしておきましょう。

緊急連絡先になる人は、連帯保証人ではないので、家賃を滞納した場合とかの支払い義務は生じません。

嘘の申告をしてしまう

デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントに入居するのに年齢制限があるため、年齢を詐称したくなって嘘の申告をしないようにしてください。

収入の見込みについても事実を伝えることが大事です。

あとでトラブルにならないように注意が必要です。

デメリットが少ないシェアドアパートメントへの入居をおすすめする人!

他の共同生活者と交流するのが苦手な人

初期費用や家賃を安く抑えたい人

安い家賃で都内の便利の良いところに住みたい人

 

デメリットが少ないシェアドアパートメントへの入居をおすすめしない人!

共同生活者との交流を楽しみたい人

自分の部屋に他人を呼びたい人

タバコを吸う人

クロスハウスのシェアドアパートメントはデメリットは少ないのでおす

すめです!

\ デメリットが少ないシェアドアパートメント! /

デメリットの少ないクロスハウスのシェアドアパートメントの設備の紹介!

デメリットの好きないクロスハウスのシェアドアパートメントがどのようなものかイメージをしてくださいね。

テレビ、冷蔵庫がある個室

デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントでライフスタイルの中心になるのが個室です。

個室には、エアコン、テレビ、冷蔵庫の家電があらかじめついています。

テレビを見たり、冷蔵庫のものを食べたりと、共用リビングがないので、自室で主に生活するイメージです。

机といすがあるので、食事や作業もできます。

モニター付きインターフォンもついているので、宅配サービスの利用も気兼ねなくできます。

家具としてはベッドとハンガーラックがあります。

布団やマットレスはついていないので、自分で用意するか、レンタルがあります。

布団とマットレスが、それぞれ月1,000円でレンタルできます。

レンタルを利用すれば、引っ越しの荷物もかなり少なくできますね。

調理器具があるキッチン

デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントでは、キッチンを共用して使います。

コンロ(IH)、電子レンジ、調理器具、調味料も用意されているので、自炊も可能です。

冷凍食品の解凍も大丈夫ですね。

いつでも利用できるシャワー・トイレ

シャワーも無料で利用できます。

ただ、お風呂はついていません

風呂に入りたい人は、銭湯やスパがある場所を確認しておくとよいですね。

無料で利用できる洗濯機・乾燥機と洗面台

洗濯機・乾燥機も無料で利用できます。

デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントに入居している人の人数によって台数が用意されています。

混み合わずに利用できるように配慮されています。

独立した洗面台があります。

デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントのよくある質問

シェアドアパートメントの審査に申し込む人にはぜひ確認しておいてほしい基本的な質問です。

年齢制限があります。
18歳~39歳までになります。
必要ありません。
緊急連絡先が必要になります。
必要ありません。
保証会社に支払う費用が発生しません。
ありません。
クレジットカードの滞納歴などは確認しません。
今後の就職状況や就職活動について、収入の見通しを説明できれば入居できることもあります。

デメリットが少ないシェアドアパートメントへの入居までの流れ!

デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントに入居するまでの流れをご紹介します。

無料相談の申し込み

物件選び

契約・審査

初期費用の入金

入居説明会

入居

デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントに入居するのに必要な書類は身分証明書だけです。

住民票や収入証明書などは必要ないので、手軽に申し込みができますね。

無料相談の申し込みは、無料相談申し込みフォームに必要事項を記入して送れば連絡が来ます。

無料相談フォームへの記入項目は次のようなものです。

必須項目
お問い合わせ項目(選択します)
お名前
メールアドレス
携帯電話番号
ご年齢
希望部屋タイプ(選択します)
予算(選択します)
任意項目
希望エリア
入居希望時期
その他

3分くらいで入力できますよ!

デメリットが少ないクロスハウスのシェアドアパートメントに入居する前に入居説明会があります。

クロスハウスの審査に通った後に入居に当たってのルールの説明や注意点について、説明を受けます。

鍵の受け渡しもあります。

シェアドアパートメントはデメリットが少ないので、入居しやすいですよ!

\ デメリットが少ないシェアドアパートメント! /
シェアドアパートメントのデメリットは何?クロスハウスに入居する場合!
タイトルとURLをコピーしました